サンムーン初対戦用に厳選・育成をしております、少年です!
いやー、最初はどんなパーティにしようか迷いましたが、やはり私の好きなポケモンサニーゴを使ったパーティがサンムーン対戦の船出にはピッタリだろうということでそんな感じで組んでます

プロスピ目当てで見ていただいてる方には何を言ってるか分からない話をしてしまいましたね(^_^;)
プロスピやっていきたいと思います
初年度から5位→5位→優勝と来て4年目ですね
ここからAクラス常連の常勝軍団の波に乗っていきたいところです

image

開幕戦が大野なのは例年通り
本拠地開幕戦は昨年FAで退団した吉見に代わって今年がプロ2年目となる甲子園優勝投手の町田
昨年ドラ1のルーキー島袋も開幕ローテに入れました
もちろんですが、昨年又吉と引き換えに獲得した岩貞もローテ入り
抑えはなんやかんや福谷。何度も言いますが岡田はやはりセットアッパーで輝くと思います
打線は昨年とあまり変わってません
FAで退団した平田の代わりは昨年トレードで加入した浅間に担ってもらいます
こうやって打線が固定できてるのは強い証拠だと思います

image

というわけで開幕戦はいきなりの引き分け!
それにしてもビシエド開幕戦にホームラン打ちすぎワロタw

image

本拠地開幕戦は見事勝利!
実に中日らしい試合運びでした
福谷に負けがついてるのは気にしないでください

image

何か最近巨人に親近感が湧きます

image

プロの洗礼を浴びせまくるヤクルト
去年も当時ルーキーだった町田が燃やされました
もうこれからルーキーはヤクルト戦に登板させないようにしましょう

image

\(^o^)/
ビシエドに抜けられると代わりを渋谷とかいう未完の大器に任せないといけないのが厄介なんですよね
あいつまともにファースト守ってるか心配ですし…

image

【朗報】平田の穴、埋まる
これは心強いですねぇ!当初は平田が入ってたポジションにそのまま入れるという意図で入れていた5番も似合ってきました

image

4月月間MVP
まだまだ若いのがほんとに頼もしい

image

image

image

image

今年はなんといっても二遊間が不調
この4人のうち二人がスタメンを張らないといけないという状況に投手陣も恐れおののいております
まぁ今宮はどんなけ打撃不調でも守備だけでスタメンなんですけどね

image

ここにきて2年目ドラフト7位の川口が台頭してきたのですが、入ってほしいセカンドの適正が無いので急遽守備練習させることに
まぁすぐにとは言いませんので今年終盤から来年にかけてセカンドのレギュラーを争ってほしいですね

image

\(^o^)/\(^o^)/
これはガチめにヤバい!
…と言いたいとこなんですが思いの外ファースト周平がハマって、かつ鎌倉が今年絶好調(打席数は少ないですが打率4割越え!)なのでそこまで悲観することは無いかと
むしろこの後すぐにビシエドが帰ってきて周平が使えなくなることが悲しい

image

とは言ってもやはり主力の離脱は大きいようで首位ヤクルトとは8ゲーム離されてしまいました
ですがこのタイミングでとりあえずビシエドが復帰
再び追い上げていきたいところです

image

というわけで交流戦開幕前には6ゲームに縮めました
初戦からいきなり交流戦最多優勝を誇るソフトバンクとの対戦ですがなんとか出鼻をくじかれないようにしたいとこですね

image

開幕クリーンナップがオワタ\(^o^)/
全員一気に怪我しなかっただけましなのでしょうか…

image

まぁいろんなことがありましたけど交流戦優勝です!
毎度毎度ここで負けが込むので交流戦で貯金が作れたのは大きいです

image

そして6月月間MVPは大野!

image

最近の打線はよく分かりません…
このように(お互いに)0を並べたりするときもあれば
image

その翌日にはこんな猛攻を見せてみたり
打線は水物という言葉がしっくり来ますね

オールスター
image

image

岩貞、大野、岡田、福谷、大島が選ばれました
なんで大類選ばれてんね…って今年は選ばれなかったのか
それにしても平田横浜ユニ似合ってないですね笑

image

7月月間MVPは岩貞!
ここまで4ヶ月過ぎましたがそのうち3ヶ月で中日から月間MVPを輩出。さらに全部投手でそれぞれ異なる選手が選ばれています
守り勝つ野球が実践されている良い証拠なのでは無いでしょうか?

image

さて順位争いはというと8月スタート時点で首位と3.5ゲーム差
3位とは大きく離れていますし優勝はこの2チームに絞られたといっても良いでしょう

image

分かってるね、岩貞くん!
中日で勝つためにはジエンゴが必要ということを!

image

ここにきて絶好調
夏場を迎えて他チームが調子を落とすなか不気味に調子を上げている姿は落合時代の中日を彷彿とさせます

image

そして首位奪還!
この試合に負けて首位の座は明け渡しましたが、差は限りなく縮めました

image

image

8月月間MVPは大野、駒場のW受賞!
いかに8月が好調だったかが表れています

image

この流れが9月まで続けば良かったのですが、ここにきて失速

image

そしてゲーム差無しで首位攻防
ホームですし勝ち越したいところですが、失速気味の中どうなるか…!

image

というわけで結果は1勝2敗
まだまだ1ゲーム差と言いたいところですがチームの流れは悪いですねぇ

image

と言うわけで気付けば3.5ゲーム離されての最後の直接対決を迎えました
なんとか2連勝したいところですがどうなる…!

image

1戦目は1点差
もったいない負け方です

image

2戦目は大野で敗戦
これで2連敗…さすがに厳しいか…

というわけで結果は…
image

2位でした
まぁそううまくは連覇はできませんよねぇ

image

2位なのでCSはファーストステージからの参戦です
オーダーはこんな感じ
ほぼフルメンバーですね

image

もう恒例の1点差ゲーム
中日ファンの胃をいじめます
ただ「相手より1点でも多く取ったら勝ち」という考えを存分に反映しているので私的には大好きです
おそらく最後も福谷教授が中日ファンを楽しませてくれたはずです

image

2戦目も見事勝利でCSファイナルステージ進出!
岩貞が古巣への恩返しですね

さて、この流れでファイナルステージも突破だ!

image

1戦目は大勝!
とりあえずアドバンテージも含めて並びました

image

2戦目はらしい完封勝ち!
福地は昨年の日本シリーズでは若さを見せて思い通りの活躍が見せれてなかったのですが、1年経験を積んでこういう舞台でもしっかり結果を残せるようになりました。成長を感じます

image

3戦目は微妙な敗戦ですね
1,2戦目の勢いのまま一気に日本シリーズ進出を決めたかったのですが…

image

4戦目はサヨナラ負け
中継ぎを始めとした投手力を武器に戦っている中日にとってこういう負け方は堪えるものがあります
さて日本シリーズ進出に王手をかけられてしまいました
ここから日本シリーズ進出には2連勝が必要ですが、まずはファーストステージ突破の立役者である岩貞の登板です。とりあえず逆王手に戻したいところですが…

image

というわけで逆王手!!岩貞ナイス!
とりあえず流れは取り戻したはずです
この流れのまま最終戦も勝つ!

image

というわけで2年連続の日本シリーズ進出!
同点は中日ペースというのがよくわかる試合でした

というわけで日本シリーズです
昨年の忘れ物を取りに行く

昨年も言いましたが中日には「リーグと日本シリーズの完全優勝はできない」というジンクスがあります
つまりリーグでの優勝を果たしていない今年の中日は日本シリーズを制覇する確率が高いということです!

image

相手は2年連続で西武
史上2回目の最大の下剋上を狙う西武です
有名ですが1回目はロッテ。その相手は何を隠そう中日です!笑
2度目は何とか阻止しなければなりません。そういう意味でもこのシリーズは負けられません

image

オーダーはこれ
CSとほぼ変わってないですね

image

初戦は大野ということで落としたくなかったのですがサウスポー対決は菊池に軍配が上がりました

image

やはり同点は中日ペース
ヤクルト戦同様終盤に勝ち越して逃げ切り
理想の勝ち方ですね~

image

3戦目ですがさすがに6点も取られては勝てません。しっかりしてください、若松さん

image

同点は中日ペース…だったのですが教授!
何度も言いますが強力な中継ぎを武器とする中日にとってこういう負け方はいけません
ただ負けは負け。王手をかけられ厳しくなりましたが、次の試合さえ勝てばナゴヤドームに帰れます
なんとか勝ちたいところですが…

image


ドラゴンズ基準(7回投げきるのは最低条件)
0封  勝つためには当然
1失点 負けても文句言えない
2失点 当然負け。勝ったら野手陣に感謝
3失点 二軍行けゴミ。勝ったら野手陣に土下座
4失点 戦力外。勝っても馬鹿試合

またしても忘れ物をしてしまいました
また来年でも再来年でもいつしかこの忘れ物を取りに行きたいところです

image

だんだん『原点回帰』というサブタイトルに近づいて参りました
失点、防御率と盗塁と守備走塁の面でリーグ1位を記録です
方や打率は4位、得点は5位、ホームランにいたっては最下位という
でも打線までリーグトップクラスになったら大正義になりますからね

image

山田が三冠王を含めて打撃タイトルを総なめするなか大島が一矢報いた図
もちろん最高出塁率も山田

image

image

ベストナイン、ゴールデングラブはこんな感じ
優勝補正もあってか大類はゴールデングラブを逃しました

image

高木勇人がノーヒットノーランを達成

image

エース
危うく二桁敗戦を記録しそうになるところも美しい

image

若きエース候補。ただ防御率が3点台では私のなかではエースとは呼べません
ただ危うく二桁敗戦を(ry

image

阪神のエースになる予定だった選手
安定した成績でしたね。前述の2投手より炎上少なかったです

image

1年目ドラフト4位の高卒投手が3年目で初の二桁!
架空選手厨?の私にとってみればこのうえなく嬉しいです!
それにしても二桁勝利が4人ですかぁ。再建され始めた投手王国

image

覚醒選手の紹介も兼ねて
シーズン途中からは岡田と一緒にセットアッパーも務めました
まだまだ25歳と若く今後に期待が持てますね
中継ぎがポンポン出てくるのも投手王国ですね

image

もう定番の中継ぎエース
毎年毎年安定した成績を残してくれて助かってます
岡田がいるうちにもう一人サウスポーの中継ぎを育てたいですね

image

ホールドなし!笑
実を言いますとこんなに成績が良いのに設定を「ビハインドでも」にしてましたのでこういう結果になってしまったのでしょう
成績は文句ないですね

image

最多セーブ
まぁこれくらいなら全然文句は言いません。負けも3しかないですし
来年の開幕は久々に抑えに悩まなくて済みそうです

image

.218とかめっちゃ打ってるやん!
守り勝つ野球を影から支える
どんなけ打てなくてもフル出場させます

image

去年より少し成績を落としましたが、まぁ文句はないです
来年も3番サードのポジションは確定ですね

image

ホームランもさることながら3割に限りなく近い打率もグッド
あと不満があるとしたら怪我しがちなこと。来年はぜひともフル出場してほしいところです
それにしても去年からホームラン数が駒場と仲良すぎ

image

どんなけ打てなくても守備だけで食っていけるマン
とは言いつつも来年の川口の出来次第ではスタメンを外そうかなとも考えてます
それくらい打てなさすぎなシーズンでした

image

盗塁王。こちらも守備と足だけで使う価値有りですね
実をいうとルーキーイヤーの2010年以来のホームランなし
まぁどうでも良いんですけど

image

覚醒枠。代打で大活躍ですね
スタメンでもレフト、ファーストくらいなら出れそうですが、赤坂の良いところは代打で好きなタイミングで出せるところだと思うので、基本的にスタメンは考えてません

image

見事に平田の穴を埋めた枠
まだまだ22歳ですしこれからの活躍にも期待ですね
それにしてもほんと日ハムさんには感謝ですね
まさか向こうからこんな逸材を提供してくれるとは
日ハムに行った濱田はどうなんでしょう。おそらく今年はダメでしょうけどこれから活躍してほしいですね


さてオフシーズンに行きましょう
まずはドラフトから

1位
image

将来の左腕中継ぎエース候補
元能力はひどいもんですが、別に即戦力を取らなければならないほど戦力が不足しているわけじゃないので良いです

2位
image

こちらは将来の左腕エース候補
福地同様シンカー(スクリュー)が欲しくなる持ち球ですね

3位
image

登録上はキャッチャーですが、大類がいる以上キャッチャーではいきません
打撃型ですので、ひたすら打撃を上げたあとコンバートでしょう

4位
image

元能力はこいつが一番良いですね
制球がひどいもんですが、逆にここさえ改善できればマイナススキル無し、決め球、豊富な変化球と大成できる要素は揃っています

ドラフトは以上です
例年より少ないですが、ほんとに今年は不作の年でした

image

マエケングッバイ
でもどうせなら山田あたりが行ってほしかったなぁ
ヤクルトが強すぎるので

image

いやいや、待って!
ヤクルト行ったらヤクルト最強になっちゃう!

image

補強は広島を戦力外になっていた美間を獲得
なぜ戦力外になったのか疑問に思うほど良い能力
ファーストが出来るのが魅力ですね

補強は以上美間だけです

image

残り1ターンでこれ
おそらく残留確定でしょう
一応1年目ドラフト3位の藤原が良い成長を見せてくれているので抜けられてもそう戦力ダウンにはならなかったのでしょうが、何よりヤクルトが強化されてしまうのは防ぎたかったのでまぁ良しでしょう
そう戦力ダウンにはならないと言ってもダウンするのに変わりはないので、抜けないのに越したことはないです


というわけで4年目以上です!
優勝こそ逃してしまいましたが、自分なりにはサブタイの『原点回帰』に近付けたシーズンということで満足いってます
来年はさらに足を使った攻撃をしていきたいですね
ビシエド、大類以外は走れる力を持っていると思うのでぜひバンバン走ってもらいたいです

ではここまで見ていただきありがとうございました
良ければ次回もよろしくお願いしますm(__)m